2005年08月13日

マイケルジャクソン・・裁判の戦後処理?

☆★iPodが当たる!★☆

【ロサンゼルス12日共同】
子どもへの性的虐待罪に問われ6月に無罪評決を受けた米人気歌手、マイケル・ジャクソン氏(46)の裁判について、元陪審員2人が12日までに「無罪は間違いだった」と公言、陪審審理の経緯などについてそれぞれ“告白本”を出版することになった。

 米メディアによれば、出版を計画しているのはエリエナー・クックさん(79)とレイ・ハルトマンさん(62)で、ジャクソン氏について「性的虐待の事実はあった」と考えていたが、「ほかの陪審員の圧力で無罪に同意した」と話している。


うーん、こういう場合どうなるのでしょうか。

まさか裁判やり直しまでにはならないかもしれないですが、
同じ事件で再告訴ということもできないかと思うので・・・

告発本を出版予定というのを言う事である意味示談金を要求してるのかな、とも思ったり。
どちらにせよアメリカの陪審員制度は見直しが必要だと思います。

人気音楽Blogを見てみる
posted by ぽんかん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。