2005年08月28日

曲レビュー 山崎まさよし/8月のクリスマス

ありふれた出来事が
こんなにも愛しくなってる

わずかな時間でもただ君のそばにいたかった

あの夏を偲ぶように粉雪が舞い降りる
鳴り止まぬ鐘のように君と過ごした日々をやさしく包んでほしい


山崎まさよし「8月のクリスマス」より。

曲はバラード仕立てで、辛いことがあったときに聴いたら泣きそうな曲ですがw

公開される映画「8月のクリスマス」の主題歌となるそうです。
山崎まさよし主演とか・・・どんな映画なんだろう。

歌詞も上手いですね。単語、特に名詞の使い方が上手いと思います。
韻を踏んでる感じになってるし。

映画でもきっといい場面で使われるんでしょう・・

期間限定サイトから視聴が出来るみたいです。こちら

☆★iPodが当たる!★☆

人気音楽Blogを見てみる
posted by ぽんかん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。